IT業界のエンジニアの種類について

顧客から依頼を受けてシステムを作り上げるのが、システムエンジニアです。開発から設計まで行うことができ、実力があればフリーランスなどで活躍する人も居ます。システムエンジニアの中にはいくつもの種類があり、Webやモバイル関係、ゲーム関係や家電関係と幅広いジャンルがあるのです。Webやモバイル関係のシステムエンジニアはWebの運用やスマホのアプリの開発をします。インターネットの普及やスマホの使用率が増加していることもあり、需要が高まっている職種とも言われています。

ゲーム関係は家庭用のゲーム機やオンラインゲームの開発です。最新のテクノロジーなどを駆使して、様々なゲームを作り出します。クリエイターやデザイナーとのやり取りをするのも、大事な役割です。家電の分野では製品に埋め込まれる小さな制御チップを使い、家電を動かすためのプログラムを作成します。

システムの基盤を作るのが、インフラエンジニアです。データベースエンジニアやサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなどの種類があります。縁の下の力持ちと言われる職種で、システムの裏側を作りたい人に向いています。

データベースエンジニアはインターネット経由でデータを保管し、管理する仕事です。データベースを整理することで、すぐに情報を引き出せるようにします。ネットワークエンジニアはWeb上でやり取りする情報の通り道を作ります。沢山の情報がやり取り出来るように道を広くしたり、トラブルが起きたときには別の方法でやり取りが出来るように整備します。サーバーエンジニアはWeb上のサービスを提供するサーバー専門のエンジニアです。